The Old Man and the Sea in Hokkaido

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

引っ越しのお知らせ 

この度ブログを引っ越しましたのでお知らせいたします。

新しいブログはこちらになります。タイトルはそのままです。

http://rainmaker32.hateblo.jp/

今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2016/11/01 Tue. 21:42    TB: 0    CM: 0

16/10/30:降水量70mL ~New tackle 購入! 

日本ハムファイターズ日本一おめでとうございます!

昨夜は仕事関係の飲み会を1次会で失礼し(仕事のスケジュールも厳しく、体力的にもしんどかった)、帰宅してテレビをつけたら丁度同点に追いつかれる場面でした。

暗澹たる気持ちになりながらも諦めず、シャワーを浴びてリフレッシュし、既に寝ていた息子を起こさないようにサイレント応援し続けていた甲斐あって勝ち越し押し出し四球、まさかのバースタイムリー、レアードの満塁ホームランをリアルタイムで目撃。大変気分よく布団に入ることができました。

日ハムの優勝が決まった後の広島球場の雰囲気もとっても良かった。拍手していただいた広島ファンには頭が下がります。きっと自分が逆の立場だったらイライラを募らせて帰っていたと思います。

さあ、日ハムが優勝したとなれば、次に気になるのは優勝セール。イオングループやビックカメラは優勝セール常連ですが、個人的には釣り具がセールになると嬉しい限り。

NorthCastさんでセールしてくれたら良いのになあ」と妻に話して一夜明けたら、本当にセールが始まっていました。

お会計後に籤を引き、30%の確率で3割引 or 1.5割引 or 1割引。10%の確率で値引きなしです。先日の6周年記念イベントは職場に缶詰で参加できなかったので、喜び勇んで店舗へ向かいました。

最近は暇さえあればネットでタイラバゲームとスローピッチジギングの道具を調べ、動画を漁っていたのですが、実際のところどれがいいのか良くわからない。そこで相談に乗ってもらいつつスローピッチジギング一式を揃えてしまいました。

ロッドはPROX 桜魚も随分と迷ったのですが、自分が使うにはあまりにもピンクすぎる気がして、結局OLYMPIC プロトンEX GSOPEC-622-2(NorthCastさんのYahooショップに在庫がなかったのでメーカーHP)にしました。

お値段は桜魚の倍くらいしましたが、リールをSHIMANO オシアジガー1501HG(こちらも在庫なし)に決めていたので、見た目のバランスでもプロトンに惹かれてしまったのでした。それにプロトンは日本製、さらにはバットジョイントの2ピースで仕舞寸法が約140cmとコンパクト。実は気になっていたロッドだったのです。結局のところほとんど1択でした。

なかなかの出費にはなりましたが、その後の籤で無事に15%OFFの玉を引き当て、ホクホクでの帰宅となりました。
(ここだけの話、AMAZ●Nより安いです。相談にも乗っていただけますし、現物見て買えますし)

ああ! 早く使いたい!

......と思っているのですが、初挑戦で自分独りは辛い。これまでどの釣りも独学でやってきましたが、最近になって上達へ一番の近道は上手な方に教えてもらうことだと感じているので、できれば経験者と一緒に行きたい。

ですがNorthCastさんのツアーはもう全て満員。悩ましいところです。

カテゴリ: 釣具

[edit]

Posted on 2016/10/30 Sun. 21:13    TB: 0    CM: 0

16/10/15:降水量69mL ~タイラバデビュー  

すっかり気温も下がってきて、今年の札幌は秋がないですね。

冬本番を目前に遅い夏季休暇を取得したので、短期間に二度目の釣行。今回も勇払マリーナからタマリスクさんでの出港です。

午前3時に札幌を出たときにはそれほど寒さも感じなかったのですが、マリーナ手前の温度計を見るとなんとマイナス0.5℃。マリーナは風もあり、身を切るような寒さでした。

かじかむ手でタックルの準備を済ませ、乗船したのが午前5時半。ほぼ予定通り6時直前に出港となりました。船長によれば1時間ほど船を走らせるということなので、温かいキャビンで同乗者の方とお話したり、うたたねしながら過ごします。

今回も10名ほどの乗船者がおり、その内タイラバ・インチクは私含め3名でした。あとは皆さん電動リールのエサ釣りです。

本来であればタイラバ・インチクのレクチャーを受けたかったところですが、他の二名も初挑戦と二度目ということで叶わず。事前にYouTubeや雑誌で得た知識を元に手探りでの釣行となりました。

時折Google Mapで現在地を確認すると、到着したポイントは白老沖。前回のイカメタルとさほど変わらないように見えますが、水深は50m前後と半分以下です。

すっかり陽が昇った午前6時40分。船長の合図で釣り開始です。前回の釣行時にほとんどなくなってしまったラインはNorthCastさんでPE0.8号を巻き直し済み。トラブルなく釣行開始です。まず使用したのはニューハーフ シルバー60g。お値段500円ちょっとと非常にリーズナブルなタイラバです。

大潮前日ではあるものの潮もそれほど速くなく、60gのタイラバでもしっかりと底が取れます。タックルはスポーツライン SP タイラバ B-69HB 69HBAbu Garcia REDMAX船-L。水深100m越え、使用ジグ130g~180gのイカメタルではアンバランスで泣きたくなる使用感でしたが、流石はタイラバロッド。ストレスなく釣りができます。

細目に場所を移し、餌釣りではなんと58cmのソイも上がりますが、タイラバ組はノーフィッシュ。ようやくお隣の方(今回タイラバ2回目)が30cm程度のソイを釣り上げます。私もリトリーブを速めたり、遅くしたりといろいろ試しますが、アタリすらない状況。

PA150148.jpg

開始から1時間ほど粘りましたが状況が変わらず、隣の方はジギングサビキまで投入しての本気モード。私もジギングサビキは持って行っていたのですが、ライトなタックルで複数匹の魚を上げられるか不安があったため、サビキは使わずタイラバを変更することにしました。

正確にはタイラバでもインチクでもないのですが、NorthCastさんで見つけて気になって購入したショアフリップ 60のブルーピンクです。結果的にはこれが功を奏し、ソイとガヤがパタパタと上がりました。

陽が高くなってからはリーダーの中間に2/0サイズのオフセットフックを付け、エコギアグラスミノーL ナチュラルゴールド を付けたものにもガヤが掛かりました。ですが非常に柔らかいタイラバロッドではアタリがあってもフッキングに難あり。あまりお勧めはできないし、次回はやらないかもしれません。

さらには船全体でアタリが止まったことから場所を移したところ、とにかく潮が早くて80gのタイラバでも底を取るのが難しい状況となってしまいました。しかも根係りで貴重なタイラバをロスト。悔しい限りです。

その後は船長が多少潮の流れの遅い場所を探してくれたこともあり、再びタイラバの重さを60gに変更。私は陽が高い時間帯にはゴールド系にかなり信頼を置いているため、ジャクソン(Jackson) アイ・ボール ノーマルタイプ 60g IWOG(イワシオレンジ)に変更。

これが再び功を奏し、30cm越えのシマゾイを含む数匹を追加し、ストップフィッシング。

「今日は釣れない日だよ。潮と風が逆だから」

マリーナへ帰る道すがら、船長からはそんなことも言われましたが、それなりの数が釣れて楽しい釣行となりました。やはりAbu Garcia REDMAX船-Lでは50~70mくらいが気持ちよく釣りのできる水深ですね。

最終的にはガヤ3匹、クロソイ3匹、シマゾイ1匹の釣果となりました。

PA150149.jpg IMG_9950.jpg

久しぶりの三枚おろしに四苦八苦しながらもソイは刺身、アラはアラ汁、ガヤは煮付けで美味しくいただきました。

今シーズン中にもう一回は行きたいなあ。

IMG_9954.jpg IMG_9956.jpg

カテゴリ: 苫小牧ボート

[edit]

Posted on 2016/10/18 Tue. 21:47    TB: 0    CM: 0

16/10/13:降水量68mL ~イカメタルリベンジ  

衝撃のイカメタル大惨敗から約10日。電話で確認したところ棚も100m前後まで浅くなってきているということで、リベンジに行ってきた。

お世話になったのは前回と同じく苫小牧のタマリスク高野船長。

前回よりも早い午前1時に札幌を出発し、勇払マリーナへ。夜も明けきらぬ洋上を1時間超移動し、ポイントに到着。

乗船者のうちイカメタルは私だけ。他は全員が電動リールにスッテの仕掛けである。

さあ! と勢い勇んでジグを投入したところ、PEラインが切れてNaMaRaJigオオナゴオレンジベリー130gをロスト。

なんとも幸先の悪いスタートである。もともと150mしか巻いていないラインのうち、約20mを失ってしまったのも大きい。

周りではスッテ仕掛けに次々とイカがかかっている。あくせくとリーダーを結びなおし、NaMaRaJigピンクシルバーグローベリー130gを投入。

水深は110m程度とのことだが、潮が早く、0.8号のPEラインでも130gのジグでは底が取れない。

その後5時間頑張り、なんとか2杯のイカを釣りあげてボウズは回避。

活いか

おすそ分けにたくさん釣れた方から5杯のイカを分けていただき、美味しいイカ刺しを堪能しました。

いか いかさし

2回の釣行を経てはっきりした問題点は2点。

① 最大100gまでのタイラバロッドでは柔らかすぎて130g以上のメタルジグを扱うのは難しい。

② 一回転76cmのリールでは巻き上げに時間がかかり、せっかくHITしたイカを取り込み前にばらしてしまう。

手持ちのリールだとせいぜい水深70mが限界だ。道具を新調でもしない限り、苫小牧でのイカメタルはもう行かないかな。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2016/10/16 Sun. 16:16    TB: 0    CM: 0

16/10/02:降水量67mL ~ほろ苦いイカメタル初挑戦  

「今年は船釣りを始めるぞ!」

そう宣言してからはや2ヵ月。悪天候と仕事と巡り合わせが悪く、なかなかどうして釣りに行けなかった。

船はおろか陸っぱりすらご無沙汰だったのである。

例年になく暑かった夏も過ぎ、涼しくなってきた10月になってようやく沖釣りデビューを果たすことができた。

運良くNorthCastさんのイカメタルツアーに空きがあったのだ。

深夜2時に札幌を出発し、法定速度で走ること11時間半。なんとなく靄がかかる勇払マリーナに到着した。

途中寄ったコンビニで買ったパンを食べ、タックルを用意して船に乗り込んだのが朝方4時半。

お世話になったのはタマリスクさんである。

出港した船の上で波飛沫をかぶりながらじっと待つこと1時間と少し。船はようやくポイントへと到着した。

さて、結論から書いてしまうが、結局私にイカは釣れなかった。

(アテンドしてくれた築田さんが1杯分けてくださったので、美味しく食べることができました)

釣果はカジカ3匹とサバが3匹。ほろ苦いデビュー戦となりました。

もともと聞いてはいたのだが、なんといっても棚が深すぎた。

船長の合図でジグを下ろそうにも、よくよく考えてみると私の持つ唯一のベイトリールAbu Garcia REDMAX船-Lには150メートルしかラインが巻けない。

それでいて棚が150~170メートルなのだから、そりゃあ届くはずがない。

しかもAbu Garcia REDMAX船-Lは一巻で70数センチしか巻けないため、船の移動やサバの巻き上げでも相当な回数巻かねばならず、腕はパンパンだし周りにも迷惑になるしで必死であった。

タイラバにも挑戦したいけども、事前に船長に棚について確認しなきゃダメですなあ。

今年はこれ以上タックル追加せずにやりたい。

カテゴリ: 苫小牧ボート

[edit]

Posted on 2016/10/04 Tue. 22:05    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。